中堅・中小企業の労働問題等の企業法務で弁護士をお探しなら愛知県名古屋市のアクシア法律事務所へ。依頼者の皆さまにとって「価値のある」リーガルサービスを目指します。

〒460-0002 名古屋市中区丸の内三丁目6番27号EBSビル5階

052-955-3151

弁護士紹介

  • 山田亮治
  • 齋藤静香
  • 杉山清

アクシアとはギリシャ語で「価値あるもの」を意味します

よくあるご質問

事務所についてのご質問

Q1. 事務所の営業時間を教えてください。

A1. 平日の午前9時30分から午後6時までとなります。土日祝日は休みです。

Q2. 紹介者がいなくてもご相談・ご依頼は可能ですか。

A2. 紹介者がいなくてもご対応させていただきます。また、初回は無料相談となりますので、お気軽にご相談ください。

Q3. 夜間、土日祝日の法律相談は可能でしょうか?

初回の法律相談は、原則として平日の営業時間内(午前9時30分~午後6時00分)での法律相談となります。ただし、相談内容、状況に応じて時間外の対応もさせていただきますので、まずはご相談ください。顧問先様や既に依頼を受けている依頼者様につきましては、状況に応じて夜間や土日祝日でもご対応させていただきます。

Q4. 法律相談で弁護士の指名は可能ですか。

可能です。ご依頼を受けた場合には、法律相談をした弁護士に加え、複数の弁護士で対応することもあります。

法律相談についてのご質問

Q1. 法律相談をお願いしたい場合、何をすればよいですか?

A1. まずは事務所までご連絡ください。ご相談内容を簡単に教えていただいたうえで、相談日時を予約させていただきます。

Q2. 予約なしでの法律相談は可能ですか?

A2. 予約なしでの法律相談は対応いたしかねます。お手数ですが、事務所までお電話していただき、相談日時のご予約をお願いいたします。

Q3. 法律相談料について教えてください。

A3. 本ホームページをご覧になってご予約いただいた場合には、初回相談30分は無料とさせていただきます。60分を超える場合には、ご了解いただいたうえで、30分あたり5000円及び消費税をいただくことがあります。2回目以降の法律相談につきましては、30分あたり5000円及び消費税とさせていただいています。

Q4. 営業時間外でも法律相談できますか?

A4. 原則として平日の営業時間内(午前9時30分~午後6時00分)での法律相談となります。ただし、相談内容、状況に応じて時間外の対応もさせていただきますので、まずはご相談ください。顧問先様や既に依頼を受けている依頼者様につきましては、状況に応じて夜間や土日祝日でもご対応させていただきます。

Q5. 電話やメールでの法律相談はできますか?

A5. 原則として、電話やメールでの法律相談は行っておりません。電話やメールでは、依頼者様のお顔が見えず誤解を招いてしまう可能性がありますので、直接面談のうえでご相談させていただいております。ただし、顧問先様や既に一度法律相談をさせていただいた依頼者様に対しては、場合によっては、電話やメールでの相談もご対応させていただいております。

Q6. 法律相談の際に必要なものを教えて下さい。

A6. ご相談内容に関連する資料をできる限りお持ち下さい。ご相談者様が関連しないとご判断した資料であっても、有益な資料であるケースもあります。多くの資料が揃っていることによって、より適切な助言が可能となる場合が多いです。

Q7. 自分以外の相談も可能ですか?

A7. 親族やご友人の相談でもご対応いたします。ただし、ご依頼いただく場合には、ご本人様からの直接依頼していただく必要があります。

Q8. 車で相談に行きたいのですが、駐車場はありますか?

A8. 当事務所の専用駐車場はございません。ただし、周辺には多くのコインパーキングがありますので、そちらをご利用下さい。

Q9. 会社や自宅への出張法律相談は可能ですか。

A9. 可能です。ただし、出張相談費用は別途かかりますので、まずはお問い合わせください。

弁護士費用についてのご質問

Q1. 弁護士費用はどの程度かかりますか?

A1. 弁護士費用は大きく分けて、事件着手段階でいただく着手金と、事件終了段階でいただく報酬金に分かれております。目安となる弁護士費用については、報酬案内のページをご覧下さい。事案の内容、経済的利益の金額、解決までに要する時間等によって、弁護士費用は増減することがありますが、ご依頼いただく前にご説明いたしますので、ご安心下さい。

Q2. 分割払いは可能ですか?

A2. 原則として一括払いとさせていただきます。ただし、事案によっては、分割払いも可能ですので、お気軽にご相談下さい。

Q3. お金がない場合はどうすればいいですか?

A3. 弁護士費用を支払うだけの資力に乏しい方については、法テラス(日本司法支援センター)の法律扶助制度の利用をおすすめいたします。弁護士費用は、法テラスが立替払いをした後、毎月、法テラスに分割弁済していただくことになります。

顧問弁護士、顧問契約についてのご質問

Q1. 顧問弁護士とは。メリットは。

弁護士との相互理解、信頼関係のもと、継続的に関与することによって質の高い「価値のある」サービスを顧問契約の締結により受けることができます。法律分野全般に関するコンサルタントとお考えください。アクシア法律事務所は中堅・中小企業の企業法務、人事労務に関する問題を主に取り扱っております。 中小企業の経営者の皆さまの良き相談相手としてお役に立てると思います。

Q2. アクシア法律事務所の顧問契約の特徴・メリットは。

当事務所の顧問契約には、次のような特徴・メリットがあります。

  1. 弁護士が親しみやすく、気軽に無料で法律相談ができる(重要)。
  2. 弁護士費用の優遇(50%割引)
  3. 書式の提供、契約書・社内文書のチェック、社内規定の整備、社内研修の依頼ができる。
  4. 優先的対応。4人の弁護士によりフットワークの軽い迅速な対応が可能。
  5. 税理士、社会保険労務士、司法書士あらゆる士業との深いネットワークがある。
  6. 多くの業種を取り扱っており、業種に応じた守備範囲が広い。
  7. セミナーや社内研修会も対応。
  8. 顧問弁護士として、外部へ表示することが可能。
  9. 信頼関係が前提なので、いつでも解約可能。
Q3. 顧問弁護士の費用は

原則として、月額50,000円~となります。ただし、企業の規模、月々の相談の数などにより増減額をお願いすることがあります。最低額は月額30,000円となります。 なお、顧問料は税務申告で必要経費として計上できますので、現実の負担はそれほど大きくはありません。

Q4. 取り扱いの業種は

これまでに顧問契約をしている主な業種は、以下のとおりです。これらの業種以外にもそれぞれの業種に応じた対応をさせていただきます。

  • ・官公庁(警察)
  • ・運送業
  • ・人材派遣業
  • ・不動産業
  • ・飲食業
  • ・教育ビジネス
  • ・観光バス事業
  • ・モータスポーツ事業
  • ・フランチャイズ事業
  • ・建築業
  • ・保険会社
  • ・IT関連業
  • ・中古車販売業
  • ・産業廃棄物処理業
  • ・美容院
  • ・医療法人
  • ・貿易関連業
  • ・卸売業
  • ・不動産管理会社

事件の依頼についてのご質問

Q1. 相手方や裁判所から手紙が届きました。事件を依頼したい場合はどうしたらよいですか。

A1. 事件の依頼をご希望される方も、まずは法律相談にお越し下さい。そこで、依頼をした場合の費用、今後の展望などお話をさせていただきます。その上で、ご納得いただいた場合にご依頼ください。

経営者の皆様へ


「辞めた従業員から突然、未払い残業代を請求された・・・。」「労基署から調査の呼び出しを受けた・・・。」「労働組合から団体交渉の申し入れられた・・・。」

これらは労働問題の一例ですが、企業を経営するにあたり、残業代、解雇等の労働問題、債権回収、契約書、社内文書の作成など、様々な問題に直面します。

実際にはなかなか弁護士の敷居が高いと感じてしまうこともあり、問題を先延ばしにしてしまうこともあるかと思います。

アクシア法律事務所では、「価値のある」リーガルサービスすなわち、
  • ① 依頼者の皆さまのために、わかりやすい法律相談、説明をいたします。
  • ② 4人の弁護士により、迅速に、徹底した仕事をいたします。
  • ③ 依頼者の皆さまにとって、話しやすく、親しみやすい雰囲気で事件処理をします。
  • ④ 最高の結果を目指します。
  • ⑤ 依頼者の皆さまの最高の満足を目指します。
事件処理には皆さまに満足していただける自信があります。まずはお気軽にご相談ください。

アクセス

※お車でお越しの方はお近くのコインパーキングをご利用ください